2009年9月アーカイブ

TOMO邸の配管

| コメント(2668) | トラックバック(0)

tomo0.jpg

 

今日は昨日に続いて 別荘を改造して住宅にする物件の配管に行きました。

二階にトイレと流しを置くということで、床を剥いでみると昔のトイレの配管がありました。

これを再利用してみようと管に水をはり漏れが無いかをチェックしました。

新しく配管をしました。流しの配水と汚水管を混ぜるために流しのトラップの破壊が起きるので通気を取ってあります。

 

将来の電気温水器用に壁に配管を仕込みました。

今日は一日雨が降り続き大変でしたが、ほぼ屋内の仕事でした。

 

   昨日の穴を開けたところから配管を延ばします。

青いのが給水管。

3.0m位、吊りながら延長して行きます。

便器を撤去してから、内装屋さんにクッションフロアの張替えをお願いしました。

前はフローリングでしたので小便の垂れによる(アンモニアによる)黒ずみがありました。

今度はビニールなので掃除も楽です。左側に手洗器用の給排水管が出ています。

右が撤去した便器(ZGⅡ8年間使用、水漏れがありました。お客様希望で交換となりました。)左がハイブリッドRHタイプの便器部分。

蓋が閉じた状態のRHタイプ。蓋には断熱材が有り便座の熱の放熱を防ぎ省エネになります。

色はパステルアイボリー。

AHタイプに比べて蓋が小さいので圧迫感がなく、女性的な雰囲気を持っています。

レストルームドレッサー スリムタイプG 角型手洗い器 タオル掛けも付いています。

配管がキャビネットに収まっているのできれいです。

ハンドル水栓タイプ。90度開閉ですので操作が楽です。

バックパネルが付いているので水はねで壁を汚すことはありません。

以上、お疲れ様でした。

 

 

 本日は大町市Ni邸のトイレを交換する前の準備をしてまいりました。

新しいトイレはTOTOネオエストハイブリットRHタイプです。

使用水量が4.8Lと少ない節水便器です。水圧の低い地域でも使用可能。

現在のトイレにタンク手洗いが付いてるので、新しく手洗器を取り付けることになりました。

その準備の配管をしてきました。

床下の工事で余裕が無くて、あまり写真がありません。

洗面所の給水から分岐して床下配管をする予定でしたが、基礎が完全に分離している為、コア抜き

でコンクリート基礎に穴を開けます。そこから始まり半日で手洗器の給排水配管を済ませました。

床下仕事はシンドイです。

20090909100822.jpg

上は基礎を貫通している様子。日立のコア抜き機で開けるところ。15年は使っている。

明日、内装が終わったら直ぐに交換します。

 

来る9月5日(土)に松本市野溝のタカラスタンダードショールームで水周り相談会を開催します。

10時から17時まで。

来ていただいた方に 京都祇園のパンをプレゼント。

抽選でディズニーのチケットが当たるというイベントがあります。

昼に来るとcoco1番のカレーが食べられます。

私も行って皆さんをお待ちしています。

 

このアーカイブについて

このページには、2009年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年8月です。

次のアーカイブは2009年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Yahoo! News

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja